<生理痛>体のだるさの原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

生理痛がある時に体のだるさを伴うのは、プロスタグランジンというホルモンが関係しています。

プロスタグランジンは経血を排出するために子宮を収縮させる働きがあり、過剰に働くと子宮の収縮が強くなり生理痛や体のだるさにつながります。

また生理中はエストロゲンの分泌量が減少することも、神経伝達物質にいつもと違う状態を作るのでだるさを感じます。

体のだるさを感じたら、カフェインやアルコールの摂取は控えてバランスのとれた食事をしましょう。

糖分で急激に血糖値を上昇させたり、塩分でお腹を膨らませたりすると症状が悪化しやすいです。

生理が終わるとプロスタグランジンの影響を受けにくくなるので、体のだるさからも解放されます。

関連記事

  1. 《むくみ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  2. <生理痛>吐き気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  3. <30代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

  4. 《前漏れ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  5. <生理痛>食欲増進の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  6. 生理痛で会社や学校を休みたい時の失敗しない伝え方3選【決定版】

  7. 生理がきそうでこない!下腹部が痛む時、体の中では何が起こっている?

  8. <20代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

  9. 【初めての生理】慌てないための心構えとは?3つのコツを紹介

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP