妊娠高血圧症は危険!?母体とお腹の赤ちゃんに与える影響とは

妊娠高血圧症は妊婦の20人に1人が発症するとされますが、母体は赤ちゃんに大きな危険が及ぶ恐れがあります。

妊娠高血圧症により血流が悪くなると、赤ちゃんに十分な栄養が届かなくなります。

それにより赤ちゃんの発育不全や早産、死産のリスクが増加します。

母体は血圧が上昇することで脳出血やけいれん、腎臓や肝臓の障害を引き起こしやすくなります。

妊娠中は赤ちゃんの成長に伴って血液量がどんどん増えます。

発症後はますます血圧が高くなりやすいので、妊娠高血圧症が発覚するのが早い人ほど母体や赤ちゃんへの負担が大きくなります。

はっきりした原因が不明で出産後は血圧が安定することから、安静にして無事に出産することが最も有効な治療です。

関連記事

  1. 腰痛|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  2. 誘発分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  3. 【京都】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  4. 便秘|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  5. 【茨城】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  6. 不妊治療の検査は何をする?内容や進め方を分かりやすく解説します

  7. 神奈川エリア|不妊に悩む女性に人気の鍼灸院BEST3【妊活応援】

  8. 座位分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  9. 【妊娠のメカニズム】受精卵が子宮に届くまでに起きる事とは?

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP