<生理トラブル>少量の出血が止まらない場合に考えられる病気とは

少量の生理の出血がなかなか終わらない場合、子宮内に病気が潜んでいる可能性が高いです。

中には大きな病気が潜んでいる可能性もあるため、気になる場合は早めに医療機関を受診してください。

最も多くの可能性が懸念されるのは子宮内のポリープや筋腫が大きくなって、子宮内膜を引き延ばしてしまうことにより出血の日数が増えてしまう可能性が少なくありません。

また、機能性子宮出血といわれる、子宮内で異常な出血が起こっているときに引き起こされます。

これ以外に子宮がんの症状である場合や、妊娠・流産の症状である場合、さらに更年期障害の可能性も多いです。

当てはまる年代に合った病気のリスクが潜んでいるため、生理が少量でも終わらない場合は早めに医療機関を受診することが必要です。

関連記事

  1. <生理痛>耳鳴りの原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  2. 生理がきそうでこない!下腹部が痛む時、体の中では何が起こっている?

  3. 【カロナール】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  4. <30代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

  5. 【イブ】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  6. 【ロキソニン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  7. 《生理がこない…》妊娠以外の可能性について解説します

  8. <生理痛>吐き気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  9. 《横漏れ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP