<生理トラブル>少量の出血が止まらない場合に考えられる病気とは

少量の生理の出血がなかなか終わらない場合、子宮内に病気が潜んでいる可能性が高いです。

中には大きな病気が潜んでいる可能性もあるため、気になる場合は早めに医療機関を受診してください。

最も多くの可能性が懸念されるのは子宮内のポリープや筋腫が大きくなって、子宮内膜を引き延ばしてしまうことにより出血の日数が増えてしまう可能性が少なくありません。

また、機能性子宮出血といわれる、子宮内で異常な出血が起こっているときに引き起こされます。

これ以外に子宮がんの症状である場合や、妊娠・流産の症状である場合、さらに更年期障害の可能性も多いです。

当てはまる年代に合った病気のリスクが潜んでいるため、生理が少量でも終わらない場合は早めに医療機関を受診することが必要です。

関連記事

  1. 【カロナール】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  2. <生理痛>寒気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  3. 生理痛で会社や学校を休みたい時の失敗しない伝え方3選【決定版】

  4. <生理痛>耳鳴りの原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  5. <生理痛>吐き気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  6. 生理不順や痛みで病院を受診する目安とは【女性のトラブル】

  7. 【ロキソニン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  8. 【イブ】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  9. <生理痛>頭痛の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP