<生理痛>吐き気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

生理中に生理痛が起こる時、発症する症状は人により異なります。

例えば頭痛がひどく腹痛はない人や、胃痛と吐き気が多くて立っていられないという症状など、多岐にわたっているのが実情です。

それぞれの症状の原因となるのは、ホルモンバランスの乱れだといいます。

生理中は子宮が収縮して臓器に影響を与える可能性が高いです。

特に生理痛がひどい場合、収縮するためのホルモンの分泌量が多くなってしまい、筋肉を通じてそれぞれの臓器への痛みにつながることもあります。

毎回生理中に痛みを感じている場合は、普段の生活でストレスを感じている物はないか、確認することが必要です。

ホルモンが過剰に発生する原因の一つは自律神経の乱れやストレスとなっています。

ストレスを解消することで生理痛を軽減することができ、吐き気が収まることもあるからです。

関連記事

  1. 《残尿感》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  2. <生理痛>イライラの原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  3. <生理トラブル>少量の出血が止まらない場合に考えられる病気とは

  4. 【ピュア】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  5. <生理痛>貧血の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  6. <生理痛>腹痛の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  7. 生理不順や痛みで病院を受診する目安とは【女性のトラブル】

  8. 【イブ】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  9. 《横漏れ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP