<生理痛>吐き気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

生理中に生理痛が起こる時、発症する症状は人により異なります。

例えば頭痛がひどく腹痛はない人や、胃痛と吐き気が多くて立っていられないという症状など、多岐にわたっているのが実情です。

それぞれの症状の原因となるのは、ホルモンバランスの乱れだといいます。

生理中は子宮が収縮して臓器に影響を与える可能性が高いです。

特に生理痛がひどい場合、収縮するためのホルモンの分泌量が多くなってしまい、筋肉を通じてそれぞれの臓器への痛みにつながることもあります。

毎回生理中に痛みを感じている場合は、普段の生活でストレスを感じている物はないか、確認することが必要です。

ホルモンが過剰に発生する原因の一つは自律神経の乱れやストレスとなっています。

ストレスを解消することで生理痛を軽減することができ、吐き気が収まることもあるからです。

関連記事

  1. 【初めての生理】慌てないための心構えとは?3つのコツを紹介

  2. <20代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

  3. 生理がきそうでこない!下腹部が痛む時、体の中では何が起こっている?

  4. 《冷え》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  5. 生理用布ナプキンのメリットは?紙ナプキンと比較してみた

  6. 生理を止める手術って?処置内容と平均費用をしらべてみた

  7. <10代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

  8. 《蒸れ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  9. 【生理不順】周期が40日以上はアウト?私生活で気を付けたいポイント

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP