生理が起こるメカニズムって?ホルモンが体に与える影響を解説

女性の体の特徴として生理が起こることが挙げられます。

生理は約1カ月の周期で子宮内膜が出血を伴いながらはがれ落ちて、体外に排出されることが仕組みです。

生理は12歳くらいから始まり、女性は妊娠するための準備が始まってきます。

まずは生理が起こる仕組みを理解することが大事です。

ホルモンが体に与える影響は、子宮の内側にある子宮内膜がどんどん厚くなってきます。

生理は妊娠をするための準備なので、生理が順調に訪れているということは健康な体である昇降です。

逆に遅れている場合は妊娠していたり、子宮に問題がある可能性があるので、早めに病院で診てもらう必要があります。

女性の体にとって生理はとても大事なことになります。

関連記事

  1. 【ロキソニン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  2. 《前漏れ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  3. 《残尿感》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  4. 生理はうつるって本当?友人や同僚とタイミングが重なる原因とは

  5. 《むくみ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  6. <生理痛>吐き気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  7. 生理がきそうでこない!下腹部が痛む時、体の中では何が起こっている?

  8. 《生理がこない…》妊娠以外の可能性について解説します

  9. <10代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP