【カロナール】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

生理痛にも効く市販薬として知られるカロナールは、子供から大人まで、発熱や頭痛などにも幅広く用いられている薬で、アセトアミノフェンが主成分です。

市販薬も有名ですが、病院では主に解熱鎮痛薬で処方されています。

カロナールは細粒や坐剤にシロップと、錠剤もある豊富な剤形が特徴の1つです。

市販薬は基本的に錠剤で、用法用量を守って服用すると穏やかに作用して解熱や鎮痛効果を発揮します。

カロナールを生理痛で服用する際の注意点としては、喘息やアレルギー、内臓の持病がある人は医師や薬剤師に相談してから服用することです。

また、栄養状態が悪いと肝臓に副作用が出やすいので、生理痛で食欲がなく、食事量が減っている人も注意が必要です。

関連記事

  1. 《残尿感》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  2. 生理用布ナプキンのメリットは?紙ナプキンと比較してみた

  3. <生理痛>腰痛の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  4. 《冷え》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  5. <40代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

  6. 【ロキソニン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  7. <生理痛>寒気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  8. PMSってなに?主な原因と自宅で出来る対処法を教えます

  9. 【バファリン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP