<ホットフラッシュ>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

閉経前後の約10年間を更年期といいますが、この更年期に起こる身体の不調が更年期障害です。

更年期障害が起こる年齢や症状は個人差がありますが、更年期障害の中で特に多く見られるのがホットフラッシュです。

ホットフラッシュの主な症状は、脈拍が増えて胸がドキドキする、突然体がカーッと熱くなる、涼しいのに大量の汗をかくなどがあります。

閉経前の女性の約6割が経験するといわれており、そのうちの1割程度が重症化すると考えられています。

対処法は、ストレスや辛い物などの刺激物を避け、通気性の良い衣類を着用し、涼しい部屋で過ごすようにしましょう。

症状が出たときには、深呼吸をしてリラックスし、冷たいタオルなどで首筋を冷やしてみるのもお勧めです。

関連記事

  1. 更年期には前兆がある!?ツラい時期を楽しく過ごすコツも紹介

  2. 更年期障害はなぜ起こる?そのメカニズムを徹底解説します

  3. 更年期障害は何科を受診すべき?病院選びのポイントも紹介

  4. <太る>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  5. 更年期にヒステリーになってしまう理由とは?【女性とココロ】

  6. <腱鞘炎>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  7. <眠気>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  8. <円形脱毛症>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  9. 更年期にはマカが効く!その意外な理由とおすすめサプリ【3選】

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP