更年期のツラい症状はいつ終わる?平均年齢と例外のケースを解説

胃腸障害や血流障害や睡眠障害やメンタル不調やホットフラッシュや皮膚トラブルなど、つらい更年期障害の症状はいつまで続くのかについてですが、閉経を迎えるその日まで続き平均年齢は50歳です。

いつまで続くのか考えていると気が遠くなるかもしれませんが、更年期障害の症状には個人差があり、ホルモン補充療法や漢方治療やプラセンタ注射などの治療が効いて、閉経前に症状が和らいで気にならなくなるケースもあります。

悲観的にならず、前向きに更年期障害と上手く付き合っていけるかどうかが鍵となります。

開始年齢も様々で、40歳くらいから症状が出始める人もいれば、閉経直前に出る人もいます。

全く更年期障害に悩まされずに閉経を迎えるラッキーな女性も存在します。

関連記事

  1. <女性のホルモン>更年期に起こる変化を解説します

  2. <吐き気>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  3. <眠気>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  4. 【更年期】若い女性も油断禁物!その理由と予防策を教えます

  5. <太る>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  6. <息苦しい>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  7. 更年期障害は何科を受診すべき?病院選びのポイントも紹介

  8. <情緒不安定>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  9. 更年期障害はなぜ起こる?そのメカニズムを徹底解説します

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP