<生理痛>腹痛の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

生理のときの特徴に、辛い症状で女性を苦しめる生理痛があります。

生理痛の代表的な症状としてあげられるのが、下腹部が痛くなる腹痛です。

生理痛としての腹痛の原因は、主にプロスタグランジンというホルモンにあります。

実は生理が始まる前から、女性の子宮の中ではこのプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。

子宮を収縮させる働きを持つプロスタグランジンは、経血を子宮の外に排出させるために必要なホルモンです。

しかし、このホルモンには経血を子宮が居に排出させると同時に痛みや熱、腫れを引き起こす成分でもあります。

生理中に起こる腹痛は、このプロスタグランジンの分泌量が多いことによって必要以上に子宮が収縮して起こります。

関連記事

  1. 【バファリン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  2. <生理痛>耳鳴りの原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  3. 生理中に甘いものを食べたくなるのはナゼ?食べすぎ対策も紹介

  4. 【ロキソニン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  5. 【生理不順】周期が40日以上はアウト?私生活で気を付けたいポイント

  6. 《下痢》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  7. 《むくみ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  8. <生理痛>体のだるさの原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  9. <生理痛>貧血の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP