<生理痛>腹痛の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

生理のときの特徴に、辛い症状で女性を苦しめる生理痛があります。

生理痛の代表的な症状としてあげられるのが、下腹部が痛くなる腹痛です。

生理痛としての腹痛の原因は、主にプロスタグランジンというホルモンにあります。

実は生理が始まる前から、女性の子宮の中ではこのプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。

子宮を収縮させる働きを持つプロスタグランジンは、経血を子宮の外に排出させるために必要なホルモンです。

しかし、このホルモンには経血を子宮が居に排出させると同時に痛みや熱、腫れを引き起こす成分でもあります。

生理中に起こる腹痛は、このプロスタグランジンの分泌量が多いことによって必要以上に子宮が収縮して起こります。

関連記事

  1. <10代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

  2. 生理がきそうでこない!下腹部が痛む時、体の中では何が起こっている?

  3. 生理痛で会社や学校を休みたい時の失敗しない伝え方3選【決定版】

  4. 《蒸れ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  5. <生理痛>食欲増進の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  6. 【ロキソニン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  7. PMSってなに?主な原因と自宅で出来る対処法を教えます

  8. <生理トラブル>少量の出血が止まらない場合に考えられる病気とは

  9. 【生理不順】周期が40日以上はアウト?私生活で気を付けたいポイント

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP