<生理痛>貧血の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

生理中に貧血になる人は少なくありませんが、なぜ貧血になるのかわからない人は多いです。

実は生理中の貧血にも複数の種類が存在しており、最も多いのは出血が大量に起こることで引き起こされる鉄分不足となります。

ヘモグロビンの材料となる鉄分が圧倒的に不足しているために、生理中は起こりやすいです。

特にひどい日に生理痛と同時に起こる人も少なくありません。

生理痛の薬を飲むことで痛みは消えても、貧血は残るという人の場合は、鉄分などのサプリメントを摂ることで症状が軽減することもあります。

それ以外にも毎月1回ではなく2回生理が来ている人や、1回の生理が2週間以上続くなどの方月経の人の場合は大量の出血により貧血となる可能性が多いです。

関連記事

  1. 《残尿感》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  2. <生理トラブル>少量の出血が止まらない場合に考えられる病気とは

  3. 生理を止める手術って?処置内容と平均費用をしらべてみた

  4. 《ニオイ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  5. 【初めての生理】慌てないための心構えとは?3つのコツを紹介

  6. 【バファリン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

  7. 生理痛が酷くなる!?できるだけ避けるべきNG行動ワースト3

  8. PMSってなに?主な原因と自宅で出来る対処法を教えます

  9. <20代女性>生理周期の理想はどのくらい?数字で見るカラダの仕組み

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP