女性ホルモンってなに?具体的な働きを徹底解説します

女性ホルモンには大きく分けていくつかの種類があり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンに分けられます。

卵胞ホルモンは排卵に向けて徐々に分泌量を増やし、排卵後は黄体ホルモンの分泌量が上昇してそれぞれのバランスを保っているのが特徴です。

これら2種類のホルモンは、どちらか一つが欠けても良くありません。

女性ホルモンと言われているものは大きく分けるとこの二つであり、低用量ピルにもその両方のホルモンが含まれています。

女性らしさを促進してくれるのがエストロゲンと言われる卵胞ホルモンで、プロゲステロンと呼ばれるのが皮脂の分泌量を増やしたりpmsを誘発する黄体ホルモンです。

黄体期には体温が上昇し、卵胞期には体温が低くなります。

関連記事

  1. ミレーナ|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  2. 冷え女性の大敵!自宅でスグに出来る対策アイデア3選

  3. 女性に冷え性が多いのはなぜ?日常に潜む以外な原因とは

  4. ピル|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  5. 恋をすると女性ホルモンが増えるのは本当?その真偽を大解剖

  6. 【吸収ショーツ編】こんな人におすすめ!生理用品のメリットデメリットを紹介

  7. 【本当に怖い冷え性】体にどんな影響が出るのか調べてみた!

  8. 避妊手術|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  9. 【タンポン編】こんな人におすすめ!生理用品のメリットデメリットを紹介

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP