女性ホルモンの効果とは?不足して体に起こる変化を解説

女性ホルモンは女性にとって大切な機能である、妊娠や出産をできるよう体を調整するものであり、他にも自立神経や、感情の起伏などのたくさんの機能を備える効果があるホルモンです。

女性ホルモンが不足することで起きてしまう様々な症状があります。

主な症状として、生理不順や無月経など妊娠出産にかかわる不調もそうですが、精神的に不安定になってしまったり、脂質の代謝が下がり太りやすくなってりもします。

また、女性ホルモンが低下することによって慢性的に体調不調になってしまうこともあり、それが原因で情緒が不安定になるなど精神面にも影響が出てきてしまいます。

女性ホルモンの低下を招いてしまう生活習慣は偏食や水分不足や喫煙などが挙げられるため、意識的に改善する必要があります。

このように女性ホルモンには体を正常に保つための効果がたくさんあるため、出来るだけ不足しないように生活をする必要があります。

関連記事

  1. 【ナプキン編】こんな人におすすめ!生理用品のメリットデメリットを紹介

  2. ヨガは女性ホルモンを整えてくれる!意外と知られていない関係性とは

  3. 女性に冷え性が多いのはなぜ?日常に潜む以外な原因とは

  4. 避妊リング|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  5. 冷え性は漢方で治せる?タイプ別のおすすめ商品ベスト3【厳選】

  6. 絶対に漏れたくない!生理の量が多い日でも快適に過ごせるアイテムTOP3

  7. 【月経カップ編】こんな人におすすめ!生理用品のメリットデメリットを紹介

  8. 女性ホルモンを増やすのを助けるレシピを紹介【美味しく健康】

  9. 【タンポン編】こんな人におすすめ!生理用品のメリットデメリットを紹介

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP