恋をすると女性ホルモンが増えるのは本当?その真偽を大解剖

恋をするとまず脳内にあるオキシトシンやドーパミンというホルモンが活性化されます。

しかしこれは男性の脳内にも存在するものなので、女性ホルモンとの関係性は薄いです。

恋との関係性が深いのは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンになります。

これは大豆にも含まれている成分ですが、恋をしたときのほうが女性ホルモンの分泌量が多くなるのです。

またエストロゲンには排卵を誘発するだけでなく、目に潤いをもたらしたり肌をツヤツヤにする効果もあります。

恋をしている女性が、魅力的に見えるのはそのためです。

意中の男性がいる女性は、女性ホルモンの増減により敏感になって、エストロゲンの分泌量が多い日にデートのスケジュールを合わせてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 絶対に漏れたくない!生理の量が多い日でも快適に過ごせるアイテムTOP3

  2. 冷え女性の大敵!自宅でスグに出来る対策アイデア3選

  3. ピル|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  4. 女性ホルモンの効果とは?不足して体に起こる変化を解説

  5. ヨガは女性ホルモンを整えてくれる!意外と知られていない関係性とは

  6. 【本当に怖い冷え性】体にどんな影響が出るのか調べてみた!

  7. 【月経ディスク編】こんな人におすすめ!生理用品のメリットデメリットを紹介

  8. ミレーナ|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  9. 女性ホルモンってなに?具体的な働きを徹底解説します

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP