恋をすると女性ホルモンが増えるのは本当?その真偽を大解剖

恋をするとまず脳内にあるオキシトシンやドーパミンというホルモンが活性化されます。

しかしこれは男性の脳内にも存在するものなので、女性ホルモンとの関係性は薄いです。

恋との関係性が深いのは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンになります。

これは大豆にも含まれている成分ですが、恋をしたときのほうが女性ホルモンの分泌量が多くなるのです。

またエストロゲンには排卵を誘発するだけでなく、目に潤いをもたらしたり肌をツヤツヤにする効果もあります。

恋をしている女性が、魅力的に見えるのはそのためです。

意中の男性がいる女性は、女性ホルモンの増減により敏感になって、エストロゲンの分泌量が多い日にデートのスケジュールを合わせてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【ナプキン編】こんな人におすすめ!生理用品のメリットデメリットを紹介

  2. ピル|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  3. 女性ホルモンの効果とは?不足して体に起こる変化を解説

  4. 【女性必見】緊急避妊薬「アフターピル」の入手方法と服用時の注意点

  5. 妊娠検査可能日まで待つ必要ナシ!早く結果を知りたい人におすすめの検査薬3選

  6. 冷え性・生理不順にはツボ押し法!今すぐ試せる3つのツボを紹介

  7. ミレーナ|女性ができる避妊方法と処置の費用相場とは

  8. 着床と生理の見分け方とは?妊活中に知っておきたい3つのポイント

  9. ヨガは女性ホルモンを整えてくれる!意外と知られていない関係性とは

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP