【バファリン】生理痛に効く市販薬の特徴と服用時の注意点

生理痛によく使用される市販薬ではバファリンが有名です。

バファリンは生理痛に対して非常に有用な薬ですが、使用する際に注意しなければならいこともあります。

まずはバファリンの特徴ですが、主成分としてロキソプロフェンが60mg含まれています。

ロキソプロフェンは頭痛や生理痛などの症状の際に用いられる薬で、鎮痛作用や抗炎症作用、解熱作用があります。

副作用として一番有名なのは胃腸障害となります。

また発疹、吐き気、過度の体温低下などの症状が現れることもあり、まれにアナフィラキシーショックのような重大な副作用が起こることもあります。

バファリンは薬局などで購入できることからとても利便性の高い薬となっていますが、しっかりと副作用を確認を行い使用する必要があります。

もし使用時に違和感を感じるようなことがある場合には受診することをお勧めします。

関連記事

  1. 生理痛で会社や学校を休みたい時の失敗しない伝え方3選【決定版】

  2. <生理痛>腰痛の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  3. 生理が起こるメカニズムって?ホルモンが体に与える影響を解説

  4. <生理トラブル>少量の出血が止まらない場合に考えられる病気とは

  5. <生理痛>頭痛の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  6. 《ニオイ》生理中のありがちなトラブルの原因と対策3選!

  7. <生理痛>吐き気の原因はなに?ホルモンの観点で徹底解説

  8. 《生理がこない…》妊娠以外の可能性について解説します

  9. 生理痛が酷くなる!?できるだけ避けるべきNG行動ワースト3

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP