【妊娠のメカニズム】受精卵が子宮に届くまでに起きる事とは?

妊娠における重要なプロセスとして、卵子の受精卵化が挙げられます。

ただし、これをクリアしても妊娠のスタート地点に立っただけです。

ここからの細胞分裂を繰り返していき、体積が増えていく仕組みとなっています。

しかも、それを実践しながら移動も行うという大胆な現象が起こっているのです。

まず30時間が過ぎるころに2つ球状になって分裂が始まります。

そして、40時間が経つころに4つになって、60時間を迎えるころには8つになるというわけです。

このように、時間とともに数と位置を変えていく仕組みです。

卵管の内部を移動していき、5日後ぐらいに子宮に到着します。

その間に、子宮に固定するための準備を進めていることもポイントです。

関連記事

  1. 帝王切開の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  2. 足がつる|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  3. 不妊治療で助成金がもらえる!?対象となる条件を徹底調査

  4. 【沖縄】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  5. 座位分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  6. 【茨城】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  7. 貧血|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  8. 【埼玉】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  9. 誘発分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP