【妊娠のメカニズム】受精卵が子宮に届くまでに起きる事とは?

妊娠における重要なプロセスとして、卵子の受精卵化が挙げられます。

ただし、これをクリアしても妊娠のスタート地点に立っただけです。

ここからの細胞分裂を繰り返していき、体積が増えていく仕組みとなっています。

しかも、それを実践しながら移動も行うという大胆な現象が起こっているのです。

まず30時間が過ぎるころに2つ球状になって分裂が始まります。

そして、40時間が経つころに4つになって、60時間を迎えるころには8つになるというわけです。

このように、時間とともに数と位置を変えていく仕組みです。

卵管の内部を移動していき、5日後ぐらいに子宮に到着します。

その間に、子宮に固定するための準備を進めていることもポイントです。

関連記事

  1. 【埼玉】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  2. 不妊症にお灸は効果ある?そのメカニズムを調べてみた【妊活応援】

  3. 【茨城】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  4. 無痛分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  5. 不妊治療の検査は何をする?内容や進め方を分かりやすく解説します

  6. 便秘|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  7. 妊娠高血圧症は危険!?母体とお腹の赤ちゃんに与える影響とは

  8. 帝王切開の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  9. 埼玉エリア|不妊に悩む女性に人気の鍼灸院BEST3【妊活応援】

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP