更年期障害はなぜ起こる?そのメカニズムを徹底解説します

更年期障害が起こる直接的な原因は、卵胞ホルモンのエストロゲンが閉経を迎えるにあたり減り続けることにあります。

エストロゲンの減少がホルモン環境の変化・ホルモンバランスの乱れにつながり、体のリズムや自律神経のバランスが崩れて体のあらゆる部分に不調をもたらすというメカニズムです。

症状に応じた対処法も大事ですが、更年期障害の根本原因にアプローチするにはホルモン補充療法が効果的です。

婦人科クリニックに設けられている更年期障害の定番の治療法で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを整えます。

ホルモン環境が改善されれば、体調不良やメンタル不調も和らぎ以前のような健康体を取り戻すことが出来ます。

更年期障害はいわゆる病気ではありませんが、治療によって症状は確実に緩和されます。

関連記事

  1. 更年期にはマカが効く!その意外な理由とおすすめサプリ【3選】

  2. 更年期にヒステリーになってしまう理由とは?【女性とココロ】

  3. <吐き気>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  4. <太る>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  5. 「命の母」の効果効能とは?更年期におすすめしたいワケを説明

  6. 更年期障害は何科を受診すべき?病院選びのポイントも紹介

  7. <情緒不安定>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  8. <腱鞘炎>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  9. <冷え>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP