更年期障害はなぜ起こる?そのメカニズムを徹底解説します

更年期障害が起こる直接的な原因は、卵胞ホルモンのエストロゲンが閉経を迎えるにあたり減り続けることにあります。

エストロゲンの減少がホルモン環境の変化・ホルモンバランスの乱れにつながり、体のリズムや自律神経のバランスが崩れて体のあらゆる部分に不調をもたらすというメカニズムです。

症状に応じた対処法も大事ですが、更年期障害の根本原因にアプローチするにはホルモン補充療法が効果的です。

婦人科クリニックに設けられている更年期障害の定番の治療法で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを整えます。

ホルモン環境が改善されれば、体調不良やメンタル不調も和らぎ以前のような健康体を取り戻すことが出来ます。

更年期障害はいわゆる病気ではありませんが、治療によって症状は確実に緩和されます。

関連記事

  1. 【更年期】若い女性も油断禁物!その理由と予防策を教えます

  2. <女性のホルモン>更年期に起こる変化を解説します

  3. <ホットフラッシュ>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  4. 「命の母」の効果効能とは?更年期におすすめしたいワケを説明

  5. <眠気>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  6. <腱鞘炎>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  7. 更年期にヒステリーになってしまう理由とは?【女性とココロ】

  8. <息苦しい>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

  9. <円形脱毛症>更年期障害で出る症状の対処方法を解説

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP