【基礎体温】妊娠したらどんなグラフになる?通常時と比較してみた

通常時の基礎体温は基本的に、低温相と高温相に分かれています。

排卵が起こるのはグラフで変化が見られる境界部分です。

生理が正常に機能している場合は、2週間の高温期が継続してから低温期にシフトします。

たいていは、一定のリズムで変位していく分かりやすいグラフになっています。

それに対して妊娠している場合は、この基礎体温のリズムが崩れるのです。

排卵が起こったポイントから2週間ほど高温期が続くことになります。

胎盤ができあがる14週ぐらいまで、その高温期が継続するのが一般的です。

ですから、それまでは折れ線は高いレベルで伸びていきます。

グラフが波打つ点は妊娠前と同様ですが、基本的にそれほど激しく変動することはありません。

関連記事

  1. 満腹感|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  2. 帝王切開の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  3. 計画分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  4. 妊娠高血圧症は危険!?母体とお腹の赤ちゃんに与える影響とは

  5. 【茨城】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  6. 自然分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  7. 不妊症となる原因は?私生活を見直して妊娠しやすい体を作るコツ

  8. 【愛知】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  9. 便秘|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP