計画分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

昨今ではさまざまな種類の出産方法が登場しており、中でも計画分娩を希望する人も増えてきています。

まず計画分娩はスケジュールの調整がしやすいです。

通常の出産では、いつ陣痛がくるかわからず、出産予定日が近くなるといつでも対応できるように行動が制限されてきます。

その点生まれる日が決まっている計画分娩の場合、ピンポイントで調整ができるため大きなメリットといえます。

妊娠期間が長期になることがないため、分娩時における出産の困難を回避することができます。

デメリットとしては計画分娩では陣痛促進剤を使用します。

薬を使用することによって副作用や感染症の危険性があり注意する必要があります。

また、子宮頚管の熟化が不十分だった場合に中止せざるを得なくなることもあります。

このようにもちろんデメリットもありますが、メリットの部分が大きいためさまざまな種類がある出産方法の中でも、計画分娩を希望する人が増えてきています。

関連記事

  1. 産後うつはなぜ起こる?パートナーも知っておくべき女性ホルモンの変化

  2. 【沖縄】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  3. 【マタニティブルー】乗り越えるために知っておくべき3つのチェックポイント

  4. 妊娠糖尿病の症状は?私生活で気を付けたい3つのポイントとは

  5. 【大阪】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  6. 無痛分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  7. 【基礎体温】妊娠したらどんなグラフになる?通常時と比較してみた

  8. 【宇都宮】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  9. 岡山エリア|不妊に悩む女性に人気の鍼灸院BEST3【妊活応援】

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP