計画分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

昨今ではさまざまな種類の出産方法が登場しており、中でも計画分娩を希望する人も増えてきています。

まず計画分娩はスケジュールの調整がしやすいです。

通常の出産では、いつ陣痛がくるかわからず、出産予定日が近くなるといつでも対応できるように行動が制限されてきます。

その点生まれる日が決まっている計画分娩の場合、ピンポイントで調整ができるため大きなメリットといえます。

妊娠期間が長期になることがないため、分娩時における出産の困難を回避することができます。

デメリットとしては計画分娩では陣痛促進剤を使用します。

薬を使用することによって副作用や感染症の危険性があり注意する必要があります。

また、子宮頚管の熟化が不十分だった場合に中止せざるを得なくなることもあります。

このようにもちろんデメリットもありますが、メリットの部分が大きいためさまざまな種類がある出産方法の中でも、計画分娩を希望する人が増えてきています。

関連記事

  1. 不眠|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  2. 不妊治療の検査は何をする?内容や進め方を分かりやすく解説します

  3. 【妊娠のメカニズム】受精卵が子宮に届くまでに起きる事とは?

  4. 足がつる|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  5. 不妊治療|産婦人科選びで失敗しない為のチェックポイント

  6. 【宇都宮】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  7. 無痛分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  8. 誘発分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  9. 妊娠糖尿病の症状は?私生活で気を付けたい3つのポイントとは

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP