水中分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

分娩方法には様々な種類がありますが、水中分娩は専用プールや浴室で行われる特徴的なものです。

1980年代のフランスで広まり、現在ではヨーロッパを中心に行われている種類となっています。

水中分娩のメリットは痛みを和らげられることです。

重力の影響を受けにくい水中では様々な体位を取ることができ、プールの中は温水で満たされているのでリラックスできます。

デメリットは生まれたばかりの赤ちゃんが水を飲んで溺れそうになったり、感染症のリスクが指摘されていたりすることです。

1999年には自宅の浴室で水中分娩により出産した赤ちゃんが、レジオネラ肺炎を発症し死亡しました。

水中分娩を行う際は水質に注意しなければなりません。

関連記事

  1. 不眠|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  2. 足がつる|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  3. 【沖縄】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  4. 満腹感|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  5. 貧血|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  6. 不妊治療で助成金がもらえる!?対象となる条件を徹底調査

  7. 【マタニティブルー】乗り越えるために知っておくべき3つのチェックポイント

  8. 自然分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  9. 尿漏れ|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP