帝王切開の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

帝王切開は子宮を切開することで胎児を取り出す方法のことで、自然分娩が難しい場合に選択される、世界的に普及している手術です。

帝王切開にはお腹の真ん中を縦にメスを入れる縦切開、お腹の下の方を横に切る横切開の2種類に分けられます。

縦切開は出血量が少なく、大量出血などのリスクが抑えられるメリットがある一方で、大きく傷跡が残ってしまうのがデメリットです。

横切開は傷跡が目立ちにくいのがメリットですが、手術に時間が掛かりやすく、それに伴うリスクがデメリットとなります。

帝王切開自体は種類に関わらず、自然分娩の出産リスクを減らし母子を守ることができるメリットがあります。

他にも陣痛に苦しまずに済む、出産が自然分娩よりも早く終わるなど、全体的に魅力的な出産方法だといえます。

関連記事

  1. 自然分娩の特徴とメリット・デメリットとを徹底調査【出産特集】

  2. 貧血|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  3. 足がつる|妊娠中のマイナートラブルの原因と解決策を大公開

  4. 妊娠高血圧症は危険!?母体とお腹の赤ちゃんに与える影響とは

  5. 神奈川エリア|不妊に悩む女性に人気の鍼灸院BEST3【妊活応援】

  6. 【宇都宮】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

  7. 【マタニティブルー】乗り越えるために知っておくべき3つのチェックポイント

  8. 京都エリア|不妊に悩む女性に人気の鍼灸院BEST3【妊活応援】

  9. 【東京】妊娠実績あり!不妊治療で人気のある病院BEST3

▼NEW

▼RECOMMEND

▼CALENDER

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP